« ブログを書いてみて | トップページ | 新しい生命体 PLEO(プレオ) »

中小家具店の生きる道とは?

中小家具店さんと言ってもいろいろなタイプのお店があり、それぞれの地域特性があって決定的にこのやり方がベストというのは無いですよね。

先日自転車を買いました。大型量販店で購入したのではなく、自転車狂の友人の薦めもあり店主が一人で経営しているお店で買いました。自転車もネットで安売りされている時代にこのお店は「うちは定価販売しかしない」と威張ったように言い切っていました。それでも私はこのお店で購入しました。なぜかと言うとまず店主との会話が面白かった。そして定期的に自転車の調整やメンテナンスを無料でしてくれるということに信頼感を感じました。家族の分も含めて自転車関連グッズ購入をいろいろと考えている私はこの店主との今後の長い付き合いが早くも楽しみになっています。

家具購入者に対してメンテナンスや修理がどの程度発生するのか分かりませんが、そういったことを切り口に大型店では出来ない顧客とのやり取りも販売手法の一つではないでしょうか?

« ブログを書いてみて | トップページ | 新しい生命体 PLEO(プレオ) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

kajiさん、コメント有難うございます。そうですよね、食品スーパーでさえ大手GMSのシェアは確か15%以下ですもんね。やりようだと思います。

kajiです。おっしゃるとおりだと思います。先日、額縁を買いに行きました(ある先生から色紙を頂き、色紙を入れるための額縁を名古屋パルコ5Fの専門店で購入しました)。当初は安いものを近くの雑貨店で買おうと思ったのですが、やはり専門家に聞いてみようということで専門店に足を運んだのですが・・・、専門店さんの説明に感動しました。額縁1つ選ぶのも美的センスが必要で、それによって入れる色紙の印象が格段に変わる!それなりの値段はしたように思いますが、それ以上に勉強させていただけたことに満足できた瞬間でした。「感動」が与えられれば、中小専門店は無くならない!!と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1190891/28845600

この記事へのトラックバック一覧です: 中小家具店の生きる道とは?:

« ブログを書いてみて | トップページ | 新しい生命体 PLEO(プレオ) »