« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

岡本総本店 経営方針発表会

いつもお世話になっている三重県岡本総本店さん(営業4課近藤担当)の方針発表会がありました。私はこの会にもう10年以上お邪魔しておりますが、岡本さんや取引先さんと和気藹々と話すことが出来、大変有意義なイベントです。考えてみるとこういった機会は随分減りましたので、意識して活動していないと情報収集に支障をきたすかも知れませんね。

私は懇親会、その後のコアメンバーによる食事会ですっかり楽しんでしまい、少々飲み過ぎてしまいましたー。

7月28日(火) ガイアの夜明け

今週の「ガイアの夜明け」(テレビ東京系-火曜夜10時より)は「知恵で魅力増す店舗づくり」というテーマです。安いだけが魅力ではない---長い消費不振に悩む食品スーパーの分野では価格以外で店舗の魅力を向上させる動きが出ている。総合スーパーに比べて規模で劣る食品スーパーは安売り競争に巻き込まれると体力がもたない。そのわなに落ちない為の方策は何か。その工夫を番組内で検証するそうです。家具・インテリアの業界でも転用できるかも知れませんね。

ところで、このブログの左下に「人気記事ランキング」、「検索フレーズランキング」を追加しました。我社の長年のお客様が出した新店「岐阜県多治見市エンドプライスゼット」の記事が4位と健闘していることが何気に嬉しいです。

アイシン精機ASLEEP(アスリープ)

トヨタ自動車グループアイシン精機さんの寝室空間事業ブランドであるアスリープJコンセプトというマットレスを発売しました。   090715011

            

     

このマットレスの特徴を書くとかなりの長文になりますのでご興味のある方はこちらをご覧下さい。私は商品そのものは勿論の事、このイメージポスターに関心を持ちました。アスリープのショールームにはこれが大きなPOPとしてディスプレイされ、他にも家族の写真などが宣伝媒体として使用されていましたので思わず目に留まりどんな商品だろうと興味が湧きました。いくら商品が良くても注目を集めなければ売れません。理論理屈よりもまずはアピール方法を考えた方が近道かも知れませんね。

今週は大阪にて学習デスクメーカーさんの2010年型モデル発表会がありました。我社の社員それから当然私もテンションが上がっています!

環境配慮のあかり

現在直接の関わりはないのですが、コイズミ照明さんの新作発表会に行ってきました。

まず、お客さんの多さに驚きました。しかも若い女性が多い!(笑) うーむ。。。ハウスメーカー系のコーディネーターが来訪されるだけでもかなり雰囲気違いますね。商品的にはLEDが前面に出ていましたが、私はリサイクルガラスを使用した「R+」という商品に関心を持ちました。H2_rplus1

現在日本国内では、ランプ類の85%が埋め立て処分されている(!)とのことです。水銀などを安全処理し、無害化したリサイクルガラスを採用したのがこの「R+」です。その形状もどことなく温かみがあり、新しいあかりへと生まれ変るという雰囲気がします。実際環境意識の高い建築デザイナー等からの引き合いが多いそうです。

実を言いますと、私は数年前まで「エコ」を切り口に商売する人に対し、わざとらしさを感じていました。本当にそんな気持ちがあるのかと。しかしながら、ここへきてエコ、リサイクル、中古品などというキーワードに消費者のニーズが雪崩を打って押し寄せています。節約志向とも合わせて環境に配慮した形のビジネスを構築することはもう当たり前と言いますか、ある意味前提になりましたね。

構造不況でも成長の道 「創造無限」の家具業界

日経ビジネス7月13日号にカンディハウス会長で日本家具工業連合会前会長の長原實さんの記事が巻頭に載っていました。インテリア関係でこのページに掲載されること自体大変珍しいことではないかと思いますが、その内容にも惹かれました。

長原さんに寄るとバブル崩壊後、氏の地元北海道旭川の家具産地では出荷額が3分の1に落ち込んだが、その反面、家具職人になりたいという若者が全国から集まるようになったそうです。彼らは旭川で作られている家具のデザインに魅力を感じているようです。未来を創る若者が自然と集まることに加え、元来日本人のモノ作り魂、繊細さは世界に誇れるとのことで、ここに家具業界の成長の道が見えたそうです。

私は以前ブランド化も生き残りの方策との堺屋太一さんの話を紹介させてもらいましたが、今回の記事と合わせて選択肢はいろいろとありますね。

ことば改革

我社は6月より会議や業務上の会話において否定的な言葉を使わないことにしました。プラスの言動がプラスの意識を作り、プラスの思考になるとの発想です。長年使用してきた用語も変更します。例えば、返品→リユース(出来るだけ再生するという願いを込めて)、返品率→リユース率、クレーム→ご指摘、等です。

我社の社員の会話に是非ともご注目を!

マイケル・ジャクソン

最近マイケル・ジャクソンのCDやDVDの売上が激増しているらしいですね。マイケルの音楽を聴きたい、そしてダンスを見たいという人が急増しているようです。「孤独なポップスター」と呼ばれた彼が今の現象を知ったらどれだけ嬉しい事でしょう。

私も知らず知らずのうちにマイケルの歌を口ずさんでいます。難しくてまともに歌えませんけどね。先日もマイケル独特の「アッ! アッ!」という発声を真似ていたところ家族に「大丈夫?」と言われました。しゃっくりが止まらないと思われたようです。。。

昨日まで福岡県大川市にて展示会に参加しておりました。いろいろと収穫がありました。そして、課題も出てきました。

リビタ 内山氏

知人のリビタ内山常務取締役が発起人の一員として「リノベーション住宅推進協議会」を設立したそうです。リノベーションに関する、技術や品質の標準化、普及浸透の事業などをおこなうことにより、安全で快適、かつ多様化するニーズに対応したリノベーション及びリノベーション住宅の提供を図り、既存住宅流通市場の活性化に寄与することを目的としているそうです。(詳しくはこちらをクリック!)

確かにリノベーション自体の認知度もまだまだ低いですし、消費者に対してもリフォームとの違いが十分に伝わっていない感があります。内山さんには是非とも市場活性化の為に頑張って欲しいです。私も家具という切り口から切り開いていきます!



懇親会

200973 先週、主力仕入先をご招待して懇親会を行ないました。ご出席頂いたみなさん有難うございました。すっかり写真を撮り忘れましたが、総勢130名超での宴会は楽しかったですね。余興の心理ゲームで「吉桂社長が最も早く仕事を棄てる」という分析結果が出たのには私自身を初め一同唖然でしたね。いやーバレましたかー深層心理がー(笑)。

それにしても、手前味噌ですが随分スムーズに会全体が進行したと思います。昨年と違い私は自分のスピーチの順番ぐらいしか把握していなかったのですが、段取りが非常に良かったと思います。今回に限らず社員が自分たちで考えて業務を進めてくれる場面が増えました。嬉しい限りです。

経営も私が何もしない方がうまくいったりして。

弟が社長になりました。

え!?違いますよ。吉桂の社長じゃないですよ!!吉桂とは全く関係のないe-ラーニングの会社株式会社ネットラーニングの取締役社長執行役員になりました。この会社はインターネット専業で教育・研修のサポートをしており、弟は設立時から参加し最近では専務として業務を執り行っていました。それ以前彼は外資系証券会社で精力的に活動していたので、ベンチャー企業設立に参加して大丈夫かと身内として心配していましたが、今では多数の上場企業を顧客に抱え順調に事業も成長しているようです。

私にとってはいつまで経っても弟は「弟」でしかなく、専務と言われても特別な感情は無かったのですが、社長に就任すると聞いた時はさすがに驚きました。そしてその心情は不思議と大きな喜びに変わりました。今後はお互い社長同士で今までとは違った会話が楽しめそうです。

弟よ、いつまでも謙虚な気持ちを忘れずに!そして、兄が困った時は黙って助けなさい(笑)。

AREA TOKYO 野田社長

Mainimg1_7 AREA TOKYOの野田社長が会いに来てくれました。彼とは時々食事に行ったりして情報交換しています。詳しい数字はここでは言えませんが、私の知る限りインテリアショップ系では最も坪効率の高い事業展開をしていると思います。彼には「売る」ための売場作りや「売る」ための接客方法において独自に確立した部分があり、そこを買われてアイスタイラーズの社長も兼任しています。

簡単に言えば家具の物販だけでなく内装まで全部受注するということがポイントだと思いますが、そこに彼の持ち味が加わっています。今後中小家具販売店さんにおいて内装や別注家具などもインテリアショップ的アプローチで請け負っていく事がマストではないかと思いますので、この辺のAREA TOKYOさんのノウハウについていつかこのブログ、もしくは我社の展示会等にて御紹介出来ればと考えております。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »