« イケア 福岡に | トップページ | 吉桂社長ブログ 一周年 »

リアルとネット融合 拡張現実(AR)

家具・インテリアの販売について以前から実店舗(リアル)とネットの両方をうまく組み合わせるクロスマーケティングが必要だろうと考えていたのですが、クロスマーケティングどころか本当に融合させてしまう技術が注目を集めています。

東京ビッグサイトで行われた建築・建材総合展に併催された「リテールテックJAPAN2010」に行ってきたところ、AR(拡張現実)販促に関する発表が行われていました。
これはカメラや携帯電話に映る実社会の映像に、電子的な情報をひも付け表示するシステムです。携帯電話をのぞくと店舗や商品情報が現れます。

私はこのシステムを2年ほど前あるイベントで見かけて少し操作させてもらったのですが、何かまどろっこしいという感想を持ちました。しかし、2年経って時代は確実にこのシステムの活用へと向かっている気がします。

実際にある量販店さんでは既に試験運用しています。
当然近い将来に売り場を映しているカメラ画面からネットを介して注文することが可能になるでしょうし、特に詳細な商品説明を必要とする家具・インテリア販売業においても十分活用の可能性あると思います。

« イケア 福岡に | トップページ | 吉桂社長ブログ 一周年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1190891/33682349

この記事へのトラックバック一覧です: リアルとネット融合 拡張現実(AR):

« イケア 福岡に | トップページ | 吉桂社長ブログ 一周年 »