« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

同窓会でラブ・アゲイン!?

子供時代の悪友、ゴトーに誘われて小学校の同窓会に行ってきました。

何と言っても30年ぶりに会う人ばかりですし、同窓会でラブ・アゲイン!?なんて妄想しながら、そしてドキドキ緊張しながら会場に向かいました。

会場は当時の担任の先生が引退後に始めたという森のそばの小さなカフェ。
仕事で遅れて行った私は元気良く、

「みんなあ〜 久しぶり!!」

と入って行きました。

すると場内は何故か シ〜ン。

よく見るとゴトーを含め数人は知った顔ですが、他の人の事はどうも思い出せない。。。
みんなも「こいつ誰だっけ?」という表情。

そして、私は驚愕の事実に気がつきました。
























私、違うクラスでした!!












私は顔からサーッと血の気が引くのを感じました。

「これはハマった」

しかし、「やっぱり帰ります」ってのも変ですし、手探りでみんなと会話をしてどうにかやり過ごしましたが、先生は最後まで「こんな教え子いたっけ?」という表情。そりゃあそうです。多分しゃべった事無いですから 笑。
帰り際に「頑張れよ!」とガッチリ握手して下さった時も、頭の上に?マークが相当浮かんでいました 笑。


Photo
違和感を持ちつつ記念撮影!(笑)


Photo_2
こちらを向いているのが悪友で建築家になったゴトー。
彼と出会ったことにより、私は音楽に傾倒することになり学業不振に陥りました 笑。


 

途中からパブリック社長のオーシマが来てくれて助かった!
Photo_3
そう言えばオーシマとは中学だけでなく、クラスは違えど小学校も同じだった。

さすが、グループで250名を抱える総帥。彼のトークはとても説得力あり勉強になりました。
また今度じっくり話を聞いてみたい。



私にとってはビミョ~な会でしたが、最終的には結構楽しかったです。
でも次回も行くかどうかはビミョ~です。笑





非日常が日常になりつつある 苦笑

先日お知らせした様に、我家にはパートナー(妻)の家族が福島から避難してきております。

家族は名古屋に着いた初日、それこそビックリするくらい寝てました。
福島にいた時は毎晩続く余震の影響で神経が高ぶり、とても寝られなかったようです。
本当に大変だったんだろうなと思います。
最近では幾分気持ちも安らいだようで、名古屋ライフをエンジョイし始めています。

しかし、その反面私がブルーになりつつあります。既婚男性なら共感する人もいると思いますが、奥さんの実家に泊まる時の妙に落ち着かない感じ、あれが本来気が休まるはずの自分の家で毎日続いております。。。。笑



これっていつまで続くんでしょうか? 笑
もしかして永住しちゃう??


しかもパートナーの家族、むちゃくちゃ食べる。。。。 
従来は日曜日の買出しだけで済んでいたのですが、それではとても追いつきません。

先日も必死に生鮮食品を買出し、大量の荷物をふうふう言いながら持ち帰って愕然としました。




冷蔵庫に入らない。。。。





我家にはインフラ整備が必要です。。。笑






立ち読み

立ち読みがとても気晴らしになることに気が付きました。

元々本屋に寄って情報収集するのが好きですが、あれこれ沢山の本のページをめくった後、じっくり読みたい雑誌を買った頃には何か気分スッキリ。

Twitter上では私がエッチな本を立ち読みしているとのネタを流して場を和ませてくれた人もいますが、お勉強ですよ!お勉強! 笑。

この日は「FIGARO」を購入。フランスのパリ特集です。

パリには数年前までは半年に一度必ず訪問し、トレンドを肌で感じていましたが、行かなくなって事業の方向性が若干泥臭くなっている。。。

また通い始めますかー。
Photo






パートナーの実家

実はパートナー(妻)の実家、福島第一原発から50kmのところにあるんです。


今日まで屋内退避勧告も出ていませんし、政府発表が事実ならば安全と言える状態が続いています。

しかし、いざ避難となると車にはガソリンが十分入っていないですし、道路事情も分からない。そして超高齢の祖母がいるので家から出ることにも非常に高いリスクがあるのです。大変寒いですし。

そんなわけで私たちも避難を強く勧めるわけにもいかず、時が経過していたのですが、原発の状況は好転するどころか日を追うごとに悪化しているようにも見えました。


徐々に選択肢が狭まりつつあるように感じる中、最終的にはパートナーの執念が活路を見出しました。
インターネットで見つけた地元の温泉宿の女将さんの情報で福島空港への峠道がなんとか通れ、なおかつ給油ポイントもあると分かりました。

従来、福島→名古屋は飛行機が飛んでいないのですが、震災後の臨時便は連日満席。それもパートナーが寸暇を惜しんでPCにかじりつき、奇跡の座席確保。


先ほど中部国際空港(名古屋)へ迎えに行ってきたところです。
本当にご心配かけました。



それにしても、真夜中の電話にも関わらず対応してくれた上記温泉宿の女将さんには感謝してもしきれないですが、実際のところインターネットというテクノロジーが無かったら今回の綱渡りは成立しなかったと思います。助けられました。



私には一気に扶養家族が増えました。
一生懸命働きます。
そして日本復活に貢献したいと思います。





















義援金について

知人の戸夢窓屋(トムソーヤ)和田良太社長が義援金に関する情報をまとめてくれました。



→  こちら をクリックお願いします。



なお、和田さんもおっしゃっていますが、内容に間違いや変更などがある可能性がありますので 募金の際には、ご自身で十分内容をご確認の上、ご判断下さいますよう お願いいたします。





私たちのやれる事

このたびの東日本大震災にて、被災された地域の皆様、関係者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。


大変な状況が続いていますが、我社のやれる事は一生懸命日々の業務に取り組むことだと考えております。
被災しなかった地域が活発に経済活動することにより被災地域を救うことにつながる面があるのではないでしょうか。


それは精神的な面からも言えると思います。
地震後初の週末、私の住んでいる地域(名古屋市東部)ではいつも流行っているお店が普段通り流行っていました。
どこか気持ちの晴れていなかった私はその光景を見て心が落ち着きました。
そして、「普段通り」を維持することの大切さを感じました。


このブログもなるべく早く普段通りのことを書きたいと思います。

がんばろう 日本

もう何と言っていいのか分かりませんが、これ以上被害が広がらないことをただただ祈るばかりです。

我社のメンバーは何名か都内に取り残されましたが、一夜明けて全員無事名古屋に戻りました。本当に心配でした。


まだ被害状況など分からないことも多くこの先どうなっていくのか分かりませんが、被災地域に連絡を取ったり、むやみに物資を送ることもかえって迷惑でしょうから、私たちは皆さんの無事を祈るしかありません。


東京ビッグサイトから東京駅まで歩いた我社メンバーがいますが、皆さん黙々とそして整然と歩いていたようです。
こんな正しい行動がとれる国が他にあるでしょうか? 
よその国ならコンビニやスーパーが略奪に遭うかも知れません。

素晴らしい国、日本の一員であることを誇りに思い今後出来ることを冷静に考えていきたいと思います。





街づくり・流通ルネサンス

前回の記事で書きました「藍綬褒章を祝う会」ではどういうわけか、私の座る席をなかなか見つけることが出来ませんでした。


随分時間をかけて見つけることが出来たのですが、他の来賓は何の戸惑いも無くスンナリご自分の席に座ってらっしゃる。


「何か変だな」とは感じていましたがそのまま祝宴は順調に進み、まさに宴たけなわに。
そして、私は衝撃の事実に気づきました。






























受付に行っとらん!!!!












本当に久々に焦りました。もう少しで業界初の食い逃げ社長になるところでした!






コホン。 さて、気を取り直して東京ビッグサイトで行われている総合展示会「街づくり・流通ルネサンス」に行ってきました。

これも私が毎年楽しみにしているイベントでして、この中で我社のビジネスに直結するのはもちろん「建築・建材展」ですが、一番時間を割いて視察するのが「リテールテックJAPAN」です。
これは流通情報システムの総合展で、言わばITのビジネス活用への提案がなされています。


会場に入ってみたところ、いきなり笈川さん(左)が真剣な顔でセミナーをやっていたので飲んでいたコーヒー吹いてしまいました! 笑
Photo
(右は神谷デザイン神谷さん)

今回注目を集めていたのは「顔認証システム」ですかね。
人の顔を撮影し、性別・年齢を解析するシステムです。

私も試しにカメラの前に立ってみました。
Photo_5
男性 42才±6才。。。。

うぉー!!惜しいっ!
年齢より10才ほど若く見られることがある私ですが、機械の目(?)はごまかせませんね!
肌や筋肉の落ち具合を読み取ってしまうようです。女性の天敵ですね!! 笑


このシステムは品川駅で既に使われています。
Photo_6
次世代自販機の前に立つと性別や年齢に合いそうな商品がディスプレイに表示されます。時代はここまで来ているのですね。

近い将来様々な小売業で導入され、データベースの構築、そして商品開発などに利用されるのでしょうね。





 

藍綬褒章

昨日ファニチャードームで有名な安井家具安井社長の「藍綬褒章を祝う会」が催されました。

来賓は勿論多かったですが、とにかく顔ぶれがすごかったです。
家具業界のそうそうたるメンバーが揃っていました。

藍綬褒章の重みは私が軽々しく言う事では有りませんが、素直な感想として、お祝いの会にあれだけのメンバーを集めることは並大抵のことではないと感じました。
自分の会社の業績向上だけでなく、業界や社会の為に長年に渡って貢献した人だけが登る事のできる高み。なかなかあそこまでは行けないのではないでしょうか?
あまりにすご過ぎるのでこれ以上のコメントは控えます。私が言うと軽く聞こえますので。。。笑


来賓の方の言葉で印象に残ったのは名古屋商工会議所、岡田邦彦前会頭の「人を育てることの大切さ」。
これについて私は全くダメです。これまで目の前の事に必死過ぎました。肝に銘じたいと思います。

あと村内ファニチャーアクセスの村内社長が「吉桂さんのめちゃくちゃ変わったイス。あれどうやって座ったらいいか分らないんです」との言葉も印象に 笑。


それにしても業界関係者の皆さん、結構元気いいなーと感じました。活気あったと思います。
私も最近テレビに出たり、業界誌向けブログ紙面版がスタートしたりで沢山の人から話しかけてもらいました。やっぱりいろいろとやってみるもんですね。

何はともあれ、盛大な会でした。
安井社長本当におめでとうございました。(って読んでらっしゃるわけないですね)

WBS相内優香さん

ワールドビジネスサテライトのトレたまレポーター相内優香さんが先日の撮影の様子をブログで取り上げてくださいました。

→ こちら 

を是非ご覧下さい。




あ、あとドサクサに紛れて写真撮っちゃいました。

Aiuchi2_3






   


  

渋谷Hikarie ヒカリエ

新たな商業施設が出来るようです。


→    こちら




今度はどんなお店が入るのでしょうか?



今こんな感じ。
Hikarie_2 


« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »