« 披露宴 | トップページ | 新卒採用 »

喜多俊之さん

大阪にある我社の超有力仕入先、ユーアイさんにお邪魔してきました。

この日は運良く、山口社長のところに日本を代表するプロダクトデザイナー喜多俊之さんが訪問されており、私も紹介して頂きました。

Kt1

驚いた事に喜多さん、我社の事をご存知でした!  
社歴の長いことがプラスになることもいろいろとありますね。

さらに感激したのは、喜多さんが私たちを相手に2時間も持論を展開されたのです。
日本の家具インテリア産業の40年間の変遷、そして現状の問題点が中心でした。

印象に残ったお言葉は(一つひとつの言葉は多少違うかも知れません)「今後、家具インテリア産業は日本の基幹ビジネスになりうる。
逆にもしそうならずに、多くの人が値段が安くてそれなりに使用できる家具で良いという風潮になってしまったら、日本経済が終わる。日本が終わる。」という内容でした。

この言葉、心に重く響きました。
と同時に自分たちの役割を改めて考える必要があると感じました。

何にせよ、喜多さんは年齢からは想像もつかないパワーでしゃべりまくっておられました。
往々にして、事を成し遂げている人からはエネルギーが溢れ出ますね。私も見習いたいと思います。

お忙しい喜多さんでしょうが、いろいろと考えるところ有り、再度お会いして頂こうと勝手に思っております。

« 披露宴 | トップページ | 新卒採用 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 披露宴 | トップページ | 新卒採用 »