« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

枕のきたむら

先日、「枕のきたむら」ことキタムラジャパンの北村代表と会食させて頂きました。


北村さんのことは随分前から知っていましたが、会食は初めて。
若手経営者の北村さんに負けじとハイペースでお酒を飲んだのですが、結局最後は二人とも記憶が無い状態に。アホですね~(笑)。



北村さんの活躍はいろいろなところで見聞きしていますが、やはりさすがのナイスガイ。素晴らしい若者です。

詳しく書くのは控えますが、お聞きした販売数値から推察すると主力製品の「ジムナストプラス」は製品としての力が相当あると感じます。


北村さんの今後の飛躍が楽しみです。







ILソファが

ILソファ が雑誌「&home vol.34」に載っているのを我社メンバーが発見!



Il


ILソファは脚部にひのきの間伐材を使用していることが持ち味ですが、
”ふし”の入った木目を気に入ってご購入頂いているのでは?と想像しております。
このような風合いは女性の好むテイストの一つで、ある種の(例えばナチュラルテイスト)住宅や空間にぴったり合うと思います。












 

東京・日本橋に

また新たな複合施設ができるようです。


詳細は →  こちら をご覧下さい。




インテリアショップ POLIS

野田豪さんの経営するPOLISの店舗数が増えています。


やはり、やり方次第なのですね。








コストコが名古屋(愛知)進出

コストコの愛知進出が正式に発表されました。

詳しくは  →  こちら をご覧下さい。



私の周囲でもわざわざ関西のコストコまで買い物に行く人がいるぐらいですので、この進出はインパクト大きいかも知れませんね。






YMO

先日、USTREAMで生中継されたYMOのライブが後世語り草になりそうな名演でした。




その余韻覚めやらぬうちに昔からのコレクションを引っ張り出してきて聴いています。

Ymo_5

YMOは私が中学生の時に友達に薦められ、それまでの学業一本路線(?)から大きく離脱し、成績ドツボにハマる原因を作ったバンドです。
坂本龍一さんのシンセサイザーの斬新な音色と高橋幸宏さんのタイトなドラミングに魅せられ、私も楽器演奏に傾倒していきました。


初期のワールドツアーは衝撃的でしたが、その後の演奏では正直がっかりさせられることも多く、先日のライブも何となく聴き流していたのですが、そのクオリティーの高さに飛び起き、iPadに喰らいついて聴きました。


還暦を過ぎたミュージシャンがなぜ聴衆を熱狂させることが出来たのか?
メンバーのモチベーションが高かったのは当日のイベントの性質が大きく影響しているでしょう。全員感情を抑制していましたが、うちに秘めたる思いがひしひしと伝わってきました。

そして、これは私の持論ですが、バンドも企業と同じで常に変革が必要です。
若手ミュージシャンの起用、新しい音源の活用、最新のテクノロジーの導入。
今回のYMOには全て揃っており、各メンバーの状態の良さと相まって傑出した演奏が産まれたと思います。

興奮がしばらく収まりませんでしたが、改めて考えさせられた一夜でした。




























192カスタマイズソファが

我社の192カスタマイズソファが松坂屋さん北館2F(名古屋)に7月末ごろまで展示されます。




192_1



192__2



192_3



新たな試みです。

是非足をお運び下さい。







   

熱気溢れる大阪

昨日はあちらこちら回らさせて頂き、喜多俊之さんの事務所にもお邪魔してきました。

1342600334276.jpg


私、油断してました。熱中症で倒れそうになりました。
気をつけないといけないですね。

中谷ゆうこ展

私の中学の同級生、中谷ゆうこさんがブリュッセルから帰国。


凱旋展覧会を名古屋で開催しています。


詳しくは  →  こちら をご覧下さい。




続々と

アパレル各社から「秋冬物(AW)」のカタログやスタイルブックが送られてきます。


As_4

家具・インテリアのお店がアパレルショップのように、春夏・秋冬といった季節感を打ち出していくのは言う程簡単ではないと想像します。

ただ、これからはやっていかないといけないのだろうと感じます。

現に業績好調のインテリアショップは、見事に季節毎の提案をしておられます。

ユナイテッドアローズ 重松会長

マルイチセーリングの小林社長に、なんと! ユナイテッドアローズの創業者であられる重松会長をご紹介頂きました! (小林社長様、ブログNGでしたらおっしゃって下さい!)

Photo
(興奮のあまり、私の鼻の穴が近年まれに見る大きさに広がっていますが、気になさらないで下さい)

「重松会長ならどんな家具・インテリアのお店を作られますか?」
とお尋ねしたところ、
「自分たちの思いを実現した家具を販売していくことは実際には難しい」
との内容のお答えでした。(価格的な問題も出てくるのでしょう)

そして、「仮に売っていくとすれば、接客力が極めて重要になってくる」
とおっしゃっていました。普段から接客に関する教育に力を入れてらっしゃる重松会長の言葉には重みがあります。

お話の中には「洋服と家具の共通性」、「ライフスタイル」、「衣食住」といったキーワードがふんだんに使われ、本来洋服と家具は同じ土俵で扱われることが自然とも受け取れる内容でしたが、いざ販売となると同じ感覚では取り扱えないのだろうと感じました。

いずれにせよ、とても気さくに勉強になる話をして頂きました。

重松会長、小林社長有り難うございました!





大川なう。

1342062914992.jpg

1342062930887.jpg

1342062935456.jpg

1342062939747.jpg

1342062944969.jpg

1342062949518.jpg

1342062953560.jpg

さあ、テンション上がってきました!

1341974665013.jpg

1341974677946.jpg

1341974683257.jpg

1341974687405.jpg

1341974690854.jpg

1341974694660.jpg

1341974698044.jpg

1341974701900.jpg


大学も変わる

東京大学が5年後の実施を目処に、入学期を秋に移行したいとする考えを既に発表しています。
国内の他大学との競争関係もあり、実現するかどうかは別として学力優秀な海外(特にアジア)の学生獲得が狙いであろうと思います。



そして、先日横浜国立大学が2015年度をメドに入試制度を変更し、全学部の定員の1割を対象に、入学直後から半年間の海外留学を義務付ける特別枠を導入すると発表しました。

これは草食系とも内向き志向とも言われる若者への意識改革を促す取り組みでもあると思います。



いずれにせよ、世界で活躍する企業家、ビジネスマンにとって、より一層地球は小さくなりボーダーレスになってきていますし、国内に目を転じれば少子化問題への対応に迫られています。



言うなれば、大学も企業ですから「変革」が必要なのでしょう。



TIME & STYLEが上海へ! 生松工芸・石山社長のブログより

生松工芸・石山社長のブログによりますとタイムアンドスタイルさんが上海ショールームを出されるそうです。

詳しくは → こちら をご覧下さい。


素晴らしい挑戦ですね。上海ショールーム是非行ってみたいです。
販売価格とかどうなるのでしょうね。

それにしても石山社長やりますね。国内家具メーカーきっての頭脳明晰な方ですが、この取り組みが成功すれば家具産業にも新たな希望が湧きますね。


アイ・スタイラーズ 新店オープン

キッズフェスにご来場頂いたクライアントの皆様、お手伝い頂いたメーカーの皆様、誠に有難うございました。
お陰様でショールームの様々な場所で熱心な商談が展開されました。
良い雰囲気だったと思います。
デスクシーズン終了まで気を緩めず活動してまいりますので宜しくお願いします。



さて、私も個人的に好きなお店、アイ・スタイラーズさんが新店をオープンされます。
恵比寿からも代官山からも近い素敵な場所です。


詳細は   →   こちら をご覧下さい。










バタバタと

本日は自社でイベントを開催中にもかかわらず、羽田から長崎へフライト。
(クライアントの皆様ご挨拶出来ずスミマセン)


1341285664410.jpg

初めて乗った路線ですが、着陸した先は長崎ではなく何と神戸!

死ぬほど驚きましたが、経由便でした。
国内線でこんなのあるんですね(苦笑)。

長崎ではわずかな時間しか滞在出来ないのですが、今回の出張が吉と出るように行動します。


コールドストーンクリーマリー

久々にコールドストーンクリーマリーの石原社長と会食しました。




Cold


私は普段から生産性というものを意識し、仕事もスピード感を持って行いたいと考えております。
が、しかし、石原の前では完膚なきまで叩きのめされます。


さすが、飲食業界の最先端で経営している彼。
家具と違って生産から販売までのリードタイムが極めて短く、天候や気温によって時間単位で売上が急変する商品を扱っているせいもあると思いますが、いろいろな意味で随分スピードの差を感じました。話そのものにもついていくのがやっとです。


以前から感じてはいることですが、家具の業界もアパレルや飲食などの移り変わりの速いジャンルとの親和性を高めていかなければならないと思います。(すでに上手く商材として取り入れ、企業文化すら革新しつつある会社様もありますが)

現実にはスピードだけでなく、感性の部分でもまだまだ乖離している会社が多いと思います。
あ、これ我社の課題でもあります。。。











« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »