« TIME & STYLEが上海へ! 生松工芸・石山社長のブログより | トップページ | さあ、テンション上がってきました! »

大学も変わる

東京大学が5年後の実施を目処に、入学期を秋に移行したいとする考えを既に発表しています。
国内の他大学との競争関係もあり、実現するかどうかは別として学力優秀な海外(特にアジア)の学生獲得が狙いであろうと思います。



そして、先日横浜国立大学が2015年度をメドに入試制度を変更し、全学部の定員の1割を対象に、入学直後から半年間の海外留学を義務付ける特別枠を導入すると発表しました。

これは草食系とも内向き志向とも言われる若者への意識改革を促す取り組みでもあると思います。



いずれにせよ、世界で活躍する企業家、ビジネスマンにとって、より一層地球は小さくなりボーダーレスになってきていますし、国内に目を転じれば少子化問題への対応に迫られています。



言うなれば、大学も企業ですから「変革」が必要なのでしょう。



« TIME & STYLEが上海へ! 生松工芸・石山社長のブログより | トップページ | さあ、テンション上がってきました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« TIME & STYLEが上海へ! 生松工芸・石山社長のブログより | トップページ | さあ、テンション上がってきました! »